original T-shirt

オリジナルTシャツの作成工程について

オリジナルTシャツの作成工程は、要望によっては追加で刺繍を入れたり特殊な印刷や加工をします。また、オリジナルTシャツは特殊加工以外でも、生地から作るオーダーメイドTシャツを作成することもできます。よって、オリジナルTシャツの作成依頼を出す際は、全体的なイメージと予算を決めつつ、メーカーに相談してみるのが大切です。
ちなみに、製造工程として生地選定をして裁断し、縫製からプリントしつつ仕上げと一貫した流れになります。よって、普段は既存の無地Tシャツにオリジナルデザインをプリントしたものが手軽にできる上に、価格を安く抑えることができます。オリジナルTシャツの製造工程として、デザインのデータを作ることになります。
その際、お客様のご要望とラフスケッチを参考にメーカーがデータを作る場合があります。とはいえ、メーカーによってはお客様が完全にデータを入稿する必要があったりします。次に、画像を加工したデータでフィルムを作って、作り上げたフィルムを版に焼き付けます。
そして、製品にインクを塗ってできた商品を乾燥させてから、梱包して仕上げに入ります。仕上げが終われば、オリジナルTシャツの完成となります。オリジナルTシャツの製造工程において、どのようなデザインで何枚作るかを予め決めるのが重要になります。その上、どんな印刷を施すかも事前に決めてからメーカーに連絡して、製作を依頼することになります。

オリジナルのTシャツを作成して仮装を楽しむ

オリジナルTシャツは仮装パーティーや、変装を楽しみたいという時にも良いです。安く何枚も同じTシャツが作成できますから、みんなで同じものに変装したり、みんなで同じ衣装を着ることでインパクトを与えたいというような時にも良いでしょう。特に仮装パーティーや変装で使うTシャツであれば日常的に使うものではないですから、生地が薄く破れやすい安価なものであっても十分対応できるということがあります。
丈夫で長持ちさせたいものと、そうでないものを求めている時とで購入するTシャツを変えてみるというのも良い買い物をするには必要ですから、安価なオリジナルTシャツで良い時はそのようにしてみましょう。
仮装パーティーでは色々な場所を練り歩いたり絵の具をつけたりすることでTシャツがすごく汚れてしまうようなこともありますが、そういった取れない汚れがあるような時も、安価なものであればそのまま処分できることも多いので、後々のことも考えて安価なもののほうが都合が良いと思うような時は安価なオリジナルTシャツを作成してみましょう。またオリジナルTシャツも販売されているショップによってサービスが異なるので、違いを比較して作成してみると良いでしょう。

オリジナルTシャツを作成するときは好きな色に染める

オリジナルTシャツは自分の好きな色でオーダーをすることもできますが、自分で好きな色に染めるということもできます。シルクスクリーンや天然の染め材料などを使って自分の好きな色や模様に染めてみても良いでしょう。天然のものは微妙な色やまだらの色を楽しむことができますし、既製品とはまた違った楽しいTシャツを作成することもできるでしょう。
ですから自分の好きなように染めたり好きなデザインをTシャツにそのままつけたいような時であれば、シンプルな白のオリジナルTシャツをいくつか用意してアレンジしていくと良いでしょう。オリジナルTシャツは自分の好きなように注文できるので、どういった目的で使うかも考えながら作成していくと良いでしょう。
いまいち自分の想像だけで仕上がりイメージが沸かないというような人であれば、シュミレーションをすることによって仕上がりのイメージが分かるようにもなります。ですからオリジナルTシャツを作成するサイトからシュミレーションを試してみましょう。色によっても仕上がりイメージは違ってきますから入れたいプリントがあるならそのプリントがぼやけないような色を選んでみても良いです。プリントをハッキリ見せたいのか、ぼやかしたいのかといった希望によって違ってくるでしょう。